24/7

24時間、週に7日。妻であり、母であるわたしの雑感。

Domaniさん、仰せの通りイラっとしました。

f:id:kealopiko:20180510223521j:plain

 

ちょっと旬を過ぎてしまった感はあるけれど、少し前にDomaniという女性誌のweb版で、看過できない記事があったので一言物申したいと思う。

 

こちらの記事です。アクセスを上げるのも癪だけど。

domani.shogakukan.co.jp

 

続きを読む

2歳と0歳を連れてハワイへ行こう【事前準備編〜食材】

1か月間のホノルル滞在なので、もちろん毎日3食外食というわけにもいかないだろう。子どもの食べられるもの、そうでないものもあるだろうし。滞在するコンドミニアムにキッチンもあるので、自炊もするつもり。

 

調べてみると向こうのスーパーにも日本食があるらしいけれど、行きから少し食料も持って行こう!ということで、今回は食材編。

 

  • 無洗米

3合に小分けしたものを7パック。計21合。子どものお昼ご飯や間食用にちょっとおにぎりを作って持って出たり、晩ご飯にお部屋で和食を食べたい!という時用。お米を研ぐ手間と道具を省くために、無洗米にした。

 

故郷・北海道の農業を少しでも応援できれば、となるべく道産を買うのがわたしのポリシー。

 

  • おにぎり用ふりかけ

子どもが大好きなのでこれは欠かせない。

 

 

  • インスタント味噌汁

これさえあれば、外でお弁当をテイクアウトしてきてもホッとひと息つける気がする。かさばるのと、そんなに数は必要ないだろうということで12食分。

 

 

  • スープはるさめ

これもインスタント味噌汁と同じように、お弁当と一緒にもう一品、として。授乳をしているとすぐお腹が空くので、わたしの夜食にも。

 

5つの味のスープはるさめ10食×2入り 164.6g

5つの味のスープはるさめ10食×2入り 164.6g

 

 

  • 鶏ガラスープの素

お料理をする時の強い味方。これがあれば普段と変わらない味か再現できそう。旅行だとどうしても野菜が不足しがちなので野菜不足解消のために、野菜炒めとかを簡単に作るつもり。

 

ユウキ 減塩ガラスープ(袋) 50g

ユウキ 減塩ガラスープ(袋) 50g

 
  • 麦茶パック

ワイキキは街中で気軽にお茶って買えるものなのかな?日系スーパーでペットボトル買いだめが正解?よく分からなかったので。子どもの水分補給用に毎日作って持ち歩くつもり。

 

はくばく こども喜ぶ麦茶

はくばく こども喜ぶ麦茶

 

 

準備したのはこんな感じ。そのほか、調味料などは現地で調達。納豆やお豆腐なども食べさせたいし自分でも欲しくなるんだけど、それは日系スーパーで購入する。インターナショナルマーケットプレイスにある、ミツワ・マーケットプレイスがとっても充実しているよ!と4月に行ってきたばかりのお友だちに教えてもらった。これは要チェック。

 

◉ちなみに、生活用品はこんな感じで持っていく。

 

www.twentyfour-seven.xyz

 

◉機内で子どもが退屈しないために準備したものはこちら。

 

www.twentyfour-seven.xyz

 

 

2歳と0歳を連れてハワイへ行こう【事前準備編〜機内持込】

目前に迫った、わが家のハワイ短期ステイ。そろそろパッキングも始めなくては…と思っているところ。今日は恐怖の長時間フライト、主に2歳の退屈しのぎに何を持っていくかまとめてみる。

 

成田→ホノルル便は7時間半ほどのフライト。夜便なのだが、興奮すると全然寝ないうちの子のこと、みんなが寝静まる頃に「眠れない!退屈だ!」と騒ぎだす可能性も無きにしもあらず。これは親が睡眠をとれないだけでなく、周囲にも多大なるご迷惑をおかけする恐れアリということで、できる限りの遊びグッズを手荷物で持ちこむ覚悟。

 

今のところ準備をしているのは、

  • シールブック

子育てをしているとダイソーやセリアなどの100均にお世話になる機会が多々あるけれど、中でもダイソーで出ているシールブックには本当に何度となく助けられてきた。どうぶつ編、食べもの編など色んな種類があるけれど、電車好きのうちの子は乗り物編が大のお気に入り。

普段は渡さず、手の届くところ、見えるところにも置いていない。帰省などの長時間移動の時や、お友だちと外食で少し大人しくして欲しい!という親の都合により出動。毎回高いパフォーマンスを発揮してくれ、しばらく大人しく遊んでくれる。今回も…よろしくお願いします!

 

  • 子ども用ヘッドホン

 うちの子はあまり長くTVやアニメに集中できず、すぐに動きたくなってしまうタイプなので、どれほどの効果があるかは未知数だが、いざという時は動画も試してみる予定。誤操作でボリュームが大きくなっても、子どもの耳を痛めない85dbまでに限られているというキッズ用ヘッドホンを購入。

 

今回有線のものを購入したけど、Bluetoothのものもあり、購入するときにかなり迷った。利用する機会が限られてるから、お値段リーズナブルな有線のヘッドホンにしたけれど…

ちなみに動画は何を見せるかについては以下の案で。

  1. わたしがiPhoneで撮った、子どもの映っている動画
  2. MacBookで電車のDVD
DVD付き 電車ひみつ大図鑑 (こども写真ひゃっか)

DVD付き 電車ひみつ大図鑑 (こども写真ひゃっか)

 


これらを事前に用意しておき、当日の子どもの気分でチョイスしてもらう予定。子どもは自分大好きなので、自分が映っている動画、かなり喜んで観る。そして電車も大好きなので、きっとそこそこの時間は気を紛らすことが出来るのでは。

 

  • 絵本

絵本が好きなのだが、大きさも重さもあるのでそんなに多くは持って行けない…ということで、今回はこの2冊をチョイス。

ぐりとぐらのあいうえお

ぐりとぐらのあいうえお

 
ぐりとぐらの1・2・3 (ぐりとぐらの絵本)
 

この本は子どもがお気に入りというのもあるけれど、約10センチ四方で小さく、ママバッグの中に忍ばせてもかさばらない!重くない!というのが素晴らしい。普段のお出かけでもどちらか1冊は入っている。好きすぎて子どもは文章を諳んじられるほど読んでいる。さすがのぐりぐら!

 

  • おりがみ
  • 小さなノートとベビーコロール
ベビーコロール ベーシック・アソート 12色

ベビーコロール ベーシック・アソート 12色

 

 この2つは過去にも持っていったことのあるもの。その時はあまり響かず、荷物になっただけだったが、あの頃より月齢が上がって、最近お絵描きも好きになってきたので、懲りずに今回も持ち込む。

 

そして今回、検討したものの導入を見送ったもの 笑

  • めばえ
めばえ 2018年 06 月号 [雑誌]

めばえ 2018年 06 月号 [雑誌]

 

 今月、最新号の付録は「こむぎ粘土でアイスが作れる」ということで…面白そうなんだけれど、これはフライト向きではないかな?シールブックが付録の時もあり、それならかなり役立ちそう。中身は子どもが大好きなわんわん、うーたん盛りだくさんなので捨てがたかったけれど、付録を見せれば機内で「ねんど遊びするーっ!」と発狂しかねないので。危険。

 

MacBookは機内持込する予定なので、本来なら動画サービスでガッツリアニメでも観ていてほしいところなのだけど…残念ながらわが家にiPadはなく、上記のサービスはPCではストリーミング再生のみ。画面の小さなiPhone6sで長時間見せるのは視力にあまり良くないのかな…?など気にしている。また機内WiFiも時間制で有料なので、よっぽど他の打ち手が響かなかった場合以外は、おそらく使わないと思う。

 

これらの機内持込グッズがどんな感じだったか、結果もまた折をみてまとめたいと思う。これから夏休みなどに旅行を計画されている方の参考になるといいのだけど。

 

 

 ◉滞在中の生活用品についてはコチラ

 

www.twentyfour-seven.xyz

 

2歳と0歳を連れてハワイへ行こう【事前準備編〜滞在中の生活用品】

せっかく夫が1年間育児休業を取得し、ゆっくりたっぷり時間があるので、少し長めに海外に滞在をしようという話になり、ミーハーにもハワイへ行くことにしたわが家。

(詳しい経緯についてはコチラ)

www.twentyfour-seven.xyz

今後、同様の試みをする誰かのお役に立てればということで、出来る限り詳細に記録に残そうと思う。今回は事前準備編として、どんなものをどれくらい準備しているかまとめます。

 

◉前提

わたし、夫、上の子(2歳7か月)、下の子(0歳5か月)の4人で1か月間オアフ島へ滞在。宿泊先はコンドミニアムを利用。全員初めてのハワイ。

 

続きを読む

アプリを活用して夫と育児をシェアしよう

f:id:kealopiko:20180428160321j:plain

 

次男が生まれて早いものでもうすぐ5か月。

赤ちゃんのうちは3時間おきの授乳が必要で、それは昼も夜も関係ないので、夜中にも起きて授乳とオムツ替えが必要になる。ウチの次男のある日の夜間スケジュールはこんな感じだった。

  

21:00 授乳開始

21:15 授乳終了

21:20 オムツ替え

24:00 オムツ替え(授乳中に寝てしまってからのオムツ替えはリスクが高いので、先にしておく)

24:10 授乳開始

24:40 授乳終了(寝てほしいのになかなか寝ついてくれず、ずっと授乳していた)

1:00 ようやく寝てくれる

1:20 さてわたしも寝ますかね、と布団

に入る

2:00 モゾモゾ、ゴソゴソ、不穏な空気・・

2:20 起きてしまった・・・オムツを替えて授乳開始

2:45 授乳終了、寝てくれ〜と思いつつ、ご機嫌でお喋りしてくる次男を抱きユラユラ・・

3:15 やっと寝てくれる

6:00 起きた、授乳開始

 

 

と、まぁこんな感じで、起こされては授乳し寝かしつける、の繰り返しでコチラは細切れ睡眠になり、体力的に大変キツい。ということで、夜間の授乳を1度ミルクにして夫にお願いすることにした。

大体深夜2時を境にして、2時より前はわたしの担当、2時以降〜朝6時頃までは夫が起きてオムツ替え+ミルクを作って飲ませてあげることに。いわゆる、「夜勤」のシフトを作ることにしたのだ。

そうすることによって、非番の担当はまとめて3〜4時間は眠れる。これが日中のスタミナに大きく影響してくる。睡眠って本当に重要です。

 

ところが、シフト制にして片方が次男対応をする時に「最後の授乳はいつなんだ?」「オムツいつ替えたんだろう?」ということになった。ミルクをあげた後、次の授乳までは出来れば3時間ほどあけたい。ということで、わたしがこれまで個人的に管理をしていた育児日記(・・と言っても、何時に授乳、何時にオムツ交換といった情報)を夫と共有することにした。

 

わたしが使っているのは「育児ノート」というアプリ

 

育児ノート - 子育て

育児ノート - 子育て

  • Nighp Software LLC
  • メディカル
  • 無料

  

続きを読む

ゴールデンウィークを前に、真っ先にしたいこと。

f:id:kealopiko:20180424002207j:plain

 

育休中の夫とのアレコレや、最近の炎上案件・Domaniでのワーパパ座談会の記事など、色々と書きたいことは溜まっているのだけれど、緊急性の高いものから。

 

ゴールデンウィークが迫っている今、沖縄では「麻疹(はしか)」が流行しており、連休で沖縄への旅行客が増えることによって、全国的な流行に広がることが懸念されている。

都道府県が出している罹患状況報告をみると結構深刻な状況なのだけれど、TVなどではあまり報道されていないのは何故なのだろう?

 

 

わたしは小児科の先生がTwitterなどで警鐘を鳴らされていて知ったのだ。(詳細は上記の先生のブログがわかりやすく丁寧だと思います。)

 

麻疹(はしか)とは(国立感染症研究所のHPより)

 麻疹は麻疹ウイルス(Paramyxovirus 科 Morbillivirus属)によっておこる感染症で、人から人へ感染します。感染経路としては空気(飛沫核)感染のほか、飛沫や接触感染など様々な経路があります。感染力はきわめて強く、麻疹の免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、12~14人の人が感染するとされています(インフルエンザでは1~2人)。

 麻疹ウイルスの感染後、10~12日間の潜伏期ののち発熱や咳などの症状で発症します。38℃前後の発熱が2~4日間続き、倦怠感(小児では不機嫌)があり、上気道炎症状(咳、鼻みず、くしゃみなど)と結膜炎症状(結膜充血、目やに、光をまぶしく感じるなど)が現れて次第に強くなります。

 その後、体温は1℃程度下がり、その後半日くらいのうちに、再び高熱(多くは39℃以上)が出るとともに、発疹が出現します。発疹は耳後部、頚部、前額部から出始め、翌日には顔面、体幹部、上腕におよび、2日後には四肢末端にまでおよびます。発疹が全身に広がるまで、高熱(39.5℃以上)が続きます。

 

感染力はインフルエンザの10倍、空気感染し普通のマスクで防ぐことは出来ない。5歳以下の抵抗力の低い乳幼児や大人になってからの初めての感染は重症化しやすく、重症化すると何らかの障害が残る可能性もある。怖い。怖すぎる。

大人になってから感染し、大変なのはおたふく風邪も麻疹(はしか)も一緒。おたふく風邪が怖いという話は以前書いた通りだ。

 

www.twentyfour-seven.xyz

 

連休中に空港や大型の駅、イベント、商業施設・・・どこも大混雑だと思うけれど、そんな中に感染者が紛れ込むとさぁ大変。パンデミック待った無しなのだ。

 

うちのメンバーの麻疹ワクチン接種状況は以下の通り。

  • 夫(34歳)1983年生まれで麻疹ワクチンは1回接種が推奨されていた時代。母子手帳など手元にないため、接種状況不明。「麻疹にかかったことがある気がする」と言っているが詳細不明で家族にも確認が取れない状況。
  • わたし(35歳)夫と同じく1983年、1回接種が推奨されていた時代。実母が母子手帳を保管しており、1回接種していることが確認されている。また、結婚後妊娠を希望しているから妊娠前に・・・ということで、MRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン)を接種。更に、第1子妊娠時に風疹の抗体が低く、出産直後にMRワクチンを接種している。
  • 上の子(2歳)1歳になった直後にMRワクチン(第1期定期接種)を接種済み。
  • 下の子(0歳4か月)未接種

 

さて、上記の4人で一番危険なのは誰でしょう。

紛れもなく、下の子(0歳4か月)だろう。抵抗力の弱い乳児、ワクチンも未接種。定期接種は1歳からとなっているが、ガイドライン上は生後6か月から接種しても良いということになっているそうだが、そこにも満たない。

そして次に危ないのは、夫だ。

 

 

色々と調べてみると、夫やわたしのように1977年〜90年(28歳〜41歳位の人まで)は定期接種1回の世代で免疫が低い可能性がある。またこの頃使用されていたMMRワクチン(麻疹・おたふく風邪・風疹混合ワクチン)が重篤な副作用をもたらしたという例があり、ワクチン接種を取りやめた親も多い世代でもあるとのこと。

自分自身の母子手帳で接種の記録が確認できない場合は未接種とみなして、大至急ワクチン接種の予約を取った方が良いのだそう。

 

当然、わたしは夫に強く言った。「沖縄で麻疹が流行っている。都内でも感染者が出た。急いで麻疹の予防接種してきてほしい。」夫は言った。「そうなの?俺、麻疹かかったことあると思うよ・・・」すぐには動かない。何度も言う。「子ども達の免疫が出来上がってない。大人が感染したら重症化する。それと共に子ども達にも感染して家庭内パンデミックにでもなったら一生恨むから。」何度も繰り返し頼んで、ようやく岩が動いた。

かかりつけの病院に連絡をするも、すでにMRワクチンの在庫が薄くなっている。いくつかの病院に問い合わせてようやく接種出来そうなところが見つかった。もっと早く動いてくれれば、病院を探す苦労も無かったしわたしも無駄にイライラせずに済んだのに・・・(小声)

 

妊娠中の女性が麻疹にかかると、ご本人だけでなく赤ちゃんにも影響が出る恐れもある。しかし、妊娠中にはワクチンは打てない。うちの下の子のように生後まもない乳児でワクチンが打てないこともある。こういう場合は、家族など周囲の人がワクチンを打って感染しないよう守るしかないのだそう。(コクーン戦略というそうです)

うちのコクーン(繭)は夫がワクチンを打つことで一応完成。今できる限りのことはした。後は極力、人混みを避けるしかなさそう。

 

既に品薄になっているようですが、28歳以上の子育て世代のお父さん・お母さん。これから子どもを持ちたいと思っている方も、ぜひ急いで麻疹ワクチンを接種してください。そうすることで感染の拡大が防げるんです。ワクチンを打てない小さな子を持つ親からのお願いです。

 

 Twitterもしています◉ ブログの更新情報はこちらでどうぞ

twitter.com

 

旧友との再会

f:id:kealopiko:20180423114840j:image

 

最近では滅多にフェイスブックを開くことがなくなったけれど、ある日何の気なしに開いてみたら、旧い友人が久しぶりに近況報告をしていた。

 

「この春修士課程を修了しました&年明けに出産しました」わぁ!びっくり!なんてパワフル!

 

彼女とはかれこれもう5年近く連絡が途絶えていたので、おめでとうのコメントをするのもどうかな?と躊躇ったけれど、めでたいことは良いことだと思い直してその投稿にコメント。また会いたいよ、と添えたらあれよあれよと言う間に会う約束まで出来た。

 

3月に学生時代の友人の結婚式があり、来ると思っていた子が1人欠席だった。「今日、あの子来ないのかな?」と話題に出したら「11月に出産してね」とのこと。妊娠は勿論、結婚も知らなかったのですごく驚いたと同時に、心の中で「結婚の報告もないなんて…」と残念がっていた。

 

その結婚式から数日後、その子からLINEが!やはり先述の子のフェイスブックの投稿と、わたしのコメントも見て連絡をくれたらしい。こちらも、もう1年以上会っていなかったけれどトントンと話が進み、先日久しぶりの再会。偶然にも、先述の子とこの子の自宅が直線距離数百メートルということがわかり、3人で会おうということになった。

 

そしてついに3人での再会が実現。それぞれ生後半年に満たない乳児を連れて表参道でランチをし、久しく会ってなかったこの数年間のキャッチアップをしてきた。

 

修士課程を修めた子は4月からそのまま博士課程へ進み、研究に勤しんでいる。研究テーマがわたしも最近気になっているトピック(女性の妊娠出産とキャリア形成について)でとても興味深く、とても1日じゃ話し足りない。子どもは現在は学内保育園へ通い、2時間半おきに授乳に行っているのだとか。産後1か月に満たないうちに修士論文の口頭試問に行ったと聞き、その努力に頭のさがる思い。

もう1人の子は企業法務関連の仕事をしており、これまた知らない世界で話が面白かった。保活の結果めでたく認証園に入園が決まり、来月から徐々に慣らし保育、そして7月に復職。転職1年で妊娠出産だったので、長く休み難いという事と、第一子で1歳4月の認可園入園が厳しいので、認証・認可外通所のポイントの為にも復職するわ、とのことだった。

そうか…そうだよね。やっぱり保育園がネックなんだよね。改めて首都圏の保活の現状を垣間見た。さて、わたしはどうしよう。

 

話が横に逸れた。

大学時代、1〜2回生の頃に偶然にも同じ学生マンションに住んでいた2人。わたしも何度かそのマンションに遊びに行かせてもらい、お泊まりなどしていた。それくらい仲が良かったはずなのに、卒業し、就職して気がついたらすっかりご無沙汰だったなぁ。以前にも書いたことがあるけれど、連絡まめなのはこうして再会を喜ぶ機会が増え日々の生活の幸福度を上げてくれる気がする。

それに旧友は、母親としての自分だけでなくて、それ以前の「自分の根っこ」みたいなものを知っていて、逆もまた然りなので会話の内容が子どもの事だけじゃなくてとてもリフレッシュになる。自分を取り戻した気持ちになるんだ。

 

またそう遠くない日に再会を約束して、表参道を後にした。家に向かう足取りが心なしか、軽い。

 

www.twentyfour-seven.xyz